dTVのおすすめポイントやお得な使い方を感想付きで徹底解説!

dTVのおすすめポイントやお得な使い方を感想付きで徹底解説!
月額料金 月額500円(税抜)
無料体験期間 31日間
作品数 12万本以上
こんな人にオススメ

料金が格安でコスパの良いVOD動画配信サービスを利用したい!

 

dTVのおすすめポイント

・12万本以上の配信動画が見放題で国内最大級の取り扱い数!

・月額500円だけでVODサービスを楽しめる手軽さ!

・ドコモユーザーならクレカがなくてもドコモケータイ払いが可能でdポイントが貯まる!

・パソコンやスマホはもちろん、テレビ画面で見れる視聴環境が多彩!

⇒dTV31日間無料トライアルはこちら

 

dTVの主な特徴

ワンコインだけで毎日の生活が潤い始める

dTVは、月額料金500円(税抜)という安価なお値段で利用できるVOD動画配信サービスです。他社は400~2000円ほどの値幅なので、比較するといかに安い料金でサービスが提供できているかお分かりいただけると思います。しかも31日間の無料お試し体験キャンペーン付きなので、今まで利用したことがない方でも気軽に登録しやすいと思います。

(本作品の配信情報は2019年2月時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がありますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。)

 

VODサービス業界トップクラスの見放題作品数

dTVはVOD動画配信サービスの中でも多くの配信数を取りそろえています。12万本以上の作品を扱うので、邦画・洋画・国内ドラマ・海外ドラマ・韓国ドラマ・アニメなどどのジャンルもバランスよく配信されている印象です。(唯一バラエティー番組は古いものが多いかも・・)中でも洋画と韓流ドラマは他社と比較しても充実していますね。

また、キッズ作品の配信数が意外と多く、ディズニーやピクサー作品がほとんどレンタル課金ではありますが、NHK『おかあさんといっしょ』『いないいないばあっ!』や『クレヨンしんちゃん』『アンパンマン』『ドラえもん』もしっかり配信されていて、小さい子供も楽しめるラインナップです。

dTVだけのオリジナル作品もたくさん配信しています。松坂桃李主演のドラマ版『不能犯』や『銀魂』『闇金ウシジマくん』のスピンオフ作品が見れるのはdTVだけです。バラエティー系だと『トゥルルさまぁ~ず』は長寿で根強い人気番組です。

新作配信も他社に劣らず幅広い

VODサービスを扱う業者の中には、新作を扱わないで見放題に徹するHuluや、新作動画を配信しても数本だけとサービスが中途半端になってしまう会社があります。その点、dTVは総配信数や多彩なジャンルに力を入れながらも、新作配信にも手を抜きません。

特にドラマやアニメの新作配信には目を見張るものがあって、今期放送されているシリーズに関してはよく揃えられていると感心します。しかし、アニメは新作でも見逃し配信が見放題できますが、ドラマの見逃し配信は1本ずつレンタルで課金することになってしまいます。追加課金するとドラマは200円~、映画は300円~ほどの料金がかかりますので、念のため覚えておきましょう。

このままの説明だと新作レンタルはお金がかさんで見づらいと感じるかもしれませんが、dTVは通常の支払い方法のほかにdポイントを料金に充てることができます。ドコモユーザーはもちろん、dポイントカードなら誰でも作成できますので、使わないdポイントがあればレンタルに使って利用してみましょう。(月額料金にはdポイント支払いができません

 

ドコモユーザー以外でも契約可能

dTVはドコモのサービスなので携帯を契約しなければ利用できないと思うかもしれませんが、その他の携帯サービスを利用していても登録できます。唯一ドコモユーザーと違う点は支払い方法に制限があることでしょう。ドコモをお使いの方ならドコモケータイ払いで一括払いが可能ですが、それ以外の方はクレジットカード払いしか選択肢がありません

⇒dTV31日間無料トライアルはこちら

 

dTVの基本項目

料金プランや支払い方法の種類は?

dTVは登録しやすい価格でおすすめできるのですが、決済方法の種類が少なすぎます。他のVOD動画配信サービスは多彩なところが多く、クレジットカード決済以外だとドコモ利用者のみのケータイ払いしかないのは寂しすぎます。つまり、ドコモを使っていなければクレカしか選択肢がないということです。この点はdTVに要改善してほしいところです。

料金 月額500円(税抜)
支払い方法 クレジットカード、ドコモケータイ払い

 

視聴可能な端末・デバイスは?

dTVは、パソコン・スマートフォン・タブレット・テレビの各種デバイスで視聴することができます。テレビのような大画面で見たい方も、外出先でスマホで気軽に動画を楽しみたい方も、さまざまな端末の中から選択できます。ゲーム機を通して視聴することはできませんが、そのかわり特にテレビで見れるような視聴環境が多く、利用シーンに合わせた使い方ができるでしょう。

パソコン・スマートフォン Windows、Mac、iPhone、Android、iPad
テレビ ブラビア、ビエラ、REGZA、FUNAI、Wooo、AQUOS、ハイセンス
ゲーム機
その他

Google Chromecast、Nexus Player、Amazon Fire TV、Amazon Fire TV Stick、Apple TV、ココロビジョンプレーヤー、ドコモテレビターミナル、dTVターミナル、ひかりTチューナー、光BOX+、

パナソニック ディーガ ブルーレイプレーヤー

 

1つの契約で最大何人まで利用できる?

アカウントを契約すればなるべく家族で分け合って利用したいものですが、dTVでは1つのアカウントに対して複数人が使用できないシステムになっています。

アカウントを契約すると5台までデバイス登録ができますが、1つの端末で動画を再生していると他の端末では視聴できないなど、同時視聴は一切できません。利用する人の数だけプロフィールを分けられるわけではないので、よほど仲良しで行動をすべて把握している間柄でなければ家族で利用するにも向かないと思います。

同時視聴するための裏技があるとすれば、スマホやタブレットにダウンロードして再生する端末と、ブラウザ上でストリーミング再生をする端末に分けることです。少々面倒くさくはなりますが、現状では2人以上利用するための最善のやり方です。

 

鮮明な画質で動画を楽しめる?

dTVは、HD画質で映像を楽しめます。HDはプレイステーション3でゲームをしているときの画質とだいたい同じと思ってください。ほとんどの作品やデバイスはHDに対応していますが、SD画質の作品はテレビ画面で見ると粗い映像となってしまいます。4Kの最高画質に対応している作品もありますが、まだまだ少ないですね。

画質はデフォルトでは自動となっていますが、動画再生中に任意で画質を切り替えることができます。HD・すごくきれい・きれいの中から選択可能で、ネット回線が安定しなかったり重いと感じれば画質を落としてみると良いでしょう。

 

外出時でも通信料節約できるようにオフライン再生できる?

dTVではオフライン再生機能が利用できます。スマホやタブレットにあらかじめダウンロードしておくことで、外出時にWi-Fi環境がなくても再生できたり、高画質の動画もカクカクしたり止まることなく再生できます。ダウンロードするときは自宅などのWi-Fi環境がしっかり繋がっている場所で通信料を節約しましょう。dTVが作品を配信終了したり解約しない限りは、ダウンロードした動画は何回でも視聴することができます。

また、ダウンロード時に画質を選択することができます。作品にもよりますがHD・すごくきれい・きれいの中から選べますので、データ容量なども考慮して決定しましょう。

 

海外作品を吹替えや字幕に自由に切り替えできる?

洋画や海外ドラマや韓流ドラマを多く配信しているdTVですが、吹き替えと字幕の双方に対応している作品も多いです。(韓流ドラマは字幕のみが圧倒的です・・)

作品タイトルから再生画面へと移ると、吹替えか字幕を選択できる項目があります。「字幕・吹替」の表記があれば両方に対応していることになりますし、吹替えに対応していない作品は「字幕」としか表示されていません。アプリにダウンロードした動画に関しては後から音声を切り替えることはできないので、ダウンロードする前に設定しておきましょう。

 

動画の再生スピードを自由に変更できる?

dTVでは、動画の再生速度を変更することができます。連続して作品を見たいときなど、どうしても時間が足りないときがあります。ドラマや映画などをだいたいのあらすじだけ捉えて見終わりたいという使い方をしたい方もいるでしょう。そのような方は倍速機能でどんどん時間短縮していきましょう。

再生速度の変更は再生中の歯車アイコンから行うことができ、標準・1.5倍・2.0倍の中から選択できます。さすがに2倍の速度は笑えるほど速いですが、慣れれば聞き取りも問題ないと思います。1.5倍なら少し早口と思える程度なので、こちらもおススメです。個人的には0.5倍などの遅い方の機能もあれば、利用範囲が広がっていいなと思いますね。

 

31日間の無料お試し登録・入会方法

①dTVの公式サイトにアクセスし、【31日間無料おためし】という項目をクリックします。

②dアカウントにログイン、dアカウントを持っていない場合は事前に作成しておきましょう。

③支払い方法を選び、「申し込みを完了する」まで進めば登録完了です。

dTVに登録するためには、dアカウントを作成する必要があります。ドコモのサービスやポイントに必須となるIDで、メールアドレス、Yahoo! JAPAN ID、Googleアカウントがあれば簡単に誰でも作ることができます。無料トライアル期間中にdTV を解約しても料金はかからないので、思いっきり楽しみましょう。

 

簡単な解約・退会のやり方とポイント

①マイページからアカウントメニューから退会を選択します。

②利用規約や注意事項に同意し、解約手続きを完了させます。

dTVはこのように、退会を選択する項目を見つけられれば簡単に退会することができます。

ただ、31日間の無料期間がまだ残っているうちに解約をすると利用できなくなるため、期限ギリギリに手続きをした方がお得です。また、加入している場合でも、解約手続きをした時点で利用ができなくなります。

 

まとめ

dTVは月額料金500円(税抜)で12万本以上の作品が視聴できるVOD動画配信サービスです。ドコモユーザー以外にも利用できるようになってから、さらにサイトの内容はパワーアップしました。

作品数の多さは伊達ではなく、どのジャンルもバラエティーに富んだ配信作品を提供しています。新作映画やドラマは別料金の場合が多いですが、取り扱う作品の幅は広くて利用しがいがあります。dTVオリジナルの独占配信が多いのも良いポイントです。

スマホ・タブレットを利用してオフライン再生できるなど便利な機能はありますが、複数のデバイスから同時視聴できなかったり支払い方法の選択肢がないなどのデメリットも存在します。ただ、その悪い点を踏まえても月額500円は格安で魅力です。特徴を理解したうえで、VOD動画配信サービス屈指のコスパの良さを体感してほしいです。

dTV31日間無料トライアルはこちらからエントリーできます。

dTV31日間無料トライアルはここをクリック

 

VOD動画配信サービス一覧カテゴリの最新記事