dTVとAmazonプライムビデオのサービスを徹底比較!登録するならどちらがオススメ?

dTVとAmazonプライムビデオのサービスを徹底比較!登録するならどちらがオススメ?

dTVとAmazonプライムビデオは動画配信サービスの中でも人気があるサイトです。dTVはドコモが運営していますし、Amazonプライムビデオは大手通販サービスのAmazonが会員向けに提供するサービスとして知名度も高いです。ただ、それだけに「どちらに入会したらいいんだろう?」という贅沢な悩みを持つ方もいると思います。

そこでこのページでは、dTVとAmazonプライムビデオを総合的に比較して、メリットやデメリットを徹底的にあぶり出していきます。好きなジャンルの充実、使いやすい機能、利用しやすい料金など、皆さんがそれぞれ求めているポイントも違うと思いますので、ぜひサイト選びに役立つように比較の結果を参考にしていただければ幸いです。

 

dTVとAmazonプライムビデオの動画配信数を比較

VODサイトでは動画を見るためにサービスを利用するので、まずdTVとAmazonプライムビデオではどのくらい配信数があるかを知っておくべきです。視聴できる作品が多いことは楽しみが増えるということでもありますし、双方の数字を比較することで得意としているジャンルが一目瞭然となります。

※各ジャンルの見放題作品数、( )内は有料作品数

  dTV Amazonプライムビデオ
全体作品数 12万本 6万本
邦画(国内映画) 425(+415) 831(+3200)
洋画(海外映画) 865(+465) 990(+5700)
国内ドラマ 225(+70) 391(+931)
海外ドラマ 190(+285) 375(+313)
韓流ドラマ 325(+80) 58(+157)
アニメ 250(+185) 347(+2700)
キッズ 350(+85) 150(+682)
バラエティー 105(+0) 114(+581)

(2019年9月時の情報です。作品数は変動します。)

全体の作品数だけで見るとdTVとAmazonプライムビデオは2倍ほどの差がありますが、実際に配信している作品数をジャンル別に見るとそこまで違いがあると感じません。

もっと分かりやすくジャンル別の見放題作品に絞って調べると、Amazonプライムビデオは映画やドラマやアニメなど、比較すると特に海外作品系がdTVより充実していると感じます。一方dTVは、比較した中では韓流ドラマがたくさん揃えられていて楽しめます。

dTVは新作配信の評価が高い

見放題作品においてはAmazonプライムビデオの方に分があるかなと感じますが、新作配信に関しては引けを取りません。配信解禁のスピードもレベルが高いですし、中でも今期放送されているドラマやアニメの新作はよく揃えているなと感じることがあります。ただ、新作配信に関してはポイント購入が設定されているので、追加課金するとドラマは200円~、映画は300円~ほどの料金がかかるので覚えておきましょう。

このままの説明だと、新作レンタルはお金がかさむから見ない!と突っ返す方もいそうですが、dTVは通常の支払い方法のほかにdポイントを料金に充てることができます。ドコモユーザーはもちろん、dポイントカードなら誰でも作成できますので、使わないdポイントがあれば新作レンタルに使って利用してみましょう。(月額料金にはdポイント支払いができません)

Amazonプライムビデオはオリジナル作品が大人気

Amazonプライムビデオは既存の作品だけではなく、サイトが制作に携わったオリジナル作品を限定配信しています。Amazonプライムビデオに関しては個人的に、オリジナル作品が1番の見どころだと感じています。プライムオリジナル目当てで登録する方も多く、意外な高クオリティーさにハマっているようです。

中でもバラエティー系では、ダウンダウン松本人志プロデュースの『ドキュメンタル』『FREEZE(フリーズ)』、新感覚婚活サバイバル番組の『バチェラー・ジャパン』、大クラッシュ上等の命がけ自動車戦闘番組の『戦闘車』、『内村さまぁ~ず』などが人気です。ほかにも『クレヨンしんちゃん外伝』『仮面ライダーアマゾンズ』『Harumi’s Kitchen』や、ドラマの配信も続々と世に送り出しています。

オリジナル作品とライブ映像が見たいならdTV

dTVでも既存の作品だけではなくオリジナル作品を限定配信していて、意外とクオリティーが高い作品にハマる方も多いようです。中でも、多国籍ボーイズグループNCT127が出演する『NCT127 おしえてJAPAN!』や、Kis-My-Ft2の『キスマイどきどきーん!』は人気の高いバラエティー番組です。ほかにも松坂桃李主演のドラマ版『不能犯』や『銀魂』『闇金ウシジマくん』のスピンオフ作品が見れるのはdTVだけです。バラエティー系だと『トゥルルさまぁ~ず』は長寿で根強い人気番組です。

あと、音楽動画に関してはアーティストのライブ映像配信が充実しています。エイベックスと契約しているので所属アーティストのライブ動画は多く、他のアーティストのライブも特集ページを組んで配信してくれるなど音楽好きにはたまらないですね。人気曲をはじめとしたカラオケも用意されているので、動画を楽しむついでに気軽に歌の練習もできます。

Amazonプライム会員は動画だけでない特典が盛りだくさん

Amazonは世界一の巨大オンラインマーケットを謳っているだけあり、ネット通販については説明しようがないほど人々に知られ利用されています。ただの通販サイトかな?くらいに思っていましたが、プライム会員に登録したら豪華な特典が多いことにビックリしました。

第一の目的だったプライムビデオの動画見放題をはじめ、音楽聴き放題・本読み放題・お急ぎ便送料無料で使いたい放題など、これだけの付加価値のあるサービスを提供してもらえるところは皆無だといえます。このプライム特典のおかげか、Amazonプライムビデオは動画配信サービス業界では日本国内トップの登録者数だといわれています。動画からでも特典目当てでも、まず気になるサービスからお試しで利用してみると便利さが身に染みると思います。

 

 

dTVとAmazonプライムビデオの機能面を比較

基本的にはユーザーが使いやすいような環境を揃えてくれているVODサイトですが、各社を比較すると機能面で違いがあります。入会後にできると思っていたことができないのでは困りますので、主なサービスを表などで紹介します。

料金プランや支払い方法の種類

  dTV Amazonプライムビデオ
月額料金 500円(税抜) 500円(税込)
無料期間 31日間 30日間
支払い方法 ・クレジットカード
・ドコモケータイ払い
・クレジットカード
・ドコモケータイ払い
auかんたん決済
au walletプリペイドカード

料金面ではdTVやAmazonプライムビデオともに業界最安ともいえる圧倒的な安価でサービスを提供してくれています。特にAmazonプライムビデオを長期契約する予定がある方なら1年単位でも登録でき、年額4900円でさらにお得に利用することができます。しかも学生の方なら、月額料金250円・年額2450円と通常の半額で登録できるなど、コスパの高さは群を抜いています。初回登録すると無料体験できる期間が両社とも付属しているのは非常に便利なサービスです。

VODサイトでの支払い方法はクレジットカードが主流ですが、クレカを持っていない方向けの支払い方法は限られています。dTVはドコモ払いのみ、Amazonプライムビデオはドコモとauの携帯料金とまとめることができます。もっと別の支払い方法を求めている場合は、ソフトバンク携帯のまとめ払いができたり、コンビニなどで購入できる専用のプリペイドカードなどの支払い方法が充実しているHuluU-NEXTを検討しても良いと思います。

視聴可能な端末・デバイス

  dTV Amazonプライムビデオ
パソコン・スマホ ・Windows
・Mac
・iPhone
・Android
・iPad
・Windows
・Mac
・iPhone
・Android
・iPad
スマートテレビ ・ソニー / ブラビア
・パナソニック / ビエラ
・東芝 / レグザ
・船井電機 dTV対応テレビ
・日立 / Wooo
・シャープ / AQUOS
・ハイセンス dTV対応テレビ
・ソニー / ブラビア
・パナソニック / ビエラ
・東芝 / レグザ
・シャープ / AQUOS
・LG
ゲーム機 なし プレイステーション4
Wii U
その他 Chromecast
・Nexus Player
・Amazon Fire TV Stick
・Apple TV
・ココロビジョンプレーヤー
・ドコモテレビターミナル
・dTVターミナル
・ひかりTチューナー
・光BOX+
・パナソニック ディーガ ブルーレイプレーヤー
・Amazon Fire TV Stick
・Apple TV

dTVやAmazonプライムビデオともに、視聴環境の選択肢は一通り揃っています。パソコンやスマホはもちろん、ネット接続や外部端末を利用することで通常のテレビでも視聴が可能になります。テレビで視聴するための外部端末を持っていないなら、Amazon Fire TV Stickが最もコスパが良く使い勝手も満足できると思います。

また、比較するとAmazonプライムビデオでは遊ぶ目的で持っている方も多そうなPS4やWii Uのゲーム機に対応しているのは便利です。dTVで利用できる外部端末もいろいろありますが、Amazon Fire TV Stickと同等の安価でテレビ視聴を可能にするChromecastに対応している点は評価したいです。

 

 

その他の重要な機能

  dTV Amazonプライムビデオ
画質 4K、HD、SD 4K、HD、SD
ダウンロード機能 あり あり
倍速再生 あり なし
字幕・吹替の切り替え 再生前に選択 再生前に選択
最大利用台数・人数 1アカウントで5台登録可能 1アカウント3台
同時視聴 基本的に不可 3台までOK
視聴履歴 削除可能 削除可能

動画を視聴していくうえで知っておくべき主な機能を比較してみました。無いよりはあった方が良い便利な機能ばかりなので、自分の利用状況を想像してサイト選びに役立ててください。補足した方がさらに理解が深まりそうな機能については、下記で詳しく説明します。

dTVで基本装備されている倍速再生は、見たい動画がたくさんあるときはなかなか役に立つ機能です。通常速度のほかに1.5倍や2.0倍を選択でき、さすがに2.0倍は速いですが作品のだいたいのあらすじを読んだり時間短縮するにはどんどん使っていきたい機能です。

ダウンロード機能はスマホ視聴に必須

dTVとAmazonプライムビデオではともにダウンロード機能を備えているので心配ないのですが、もし、スマホやタブレットの携帯端末で動画を視聴したい場合は、ダウンロード機能は非常に重要な役割を果たします。

動画をアプリ内にダウンロードすることで、ネット環境がなくてもオフラインで動画再生できるメリットがあり、パケット代を節約できてお得に利用することができます。外出先で利用頻度が高いスマホやタブレットでは特に重宝するので、家で動画をまとめてダウンロードしておいて旅行先や移動中で自由に楽しむということもできるのです。

特にAmazonプライムビデオでは、海外や飛行機や地下鉄のようなWi-Fi環境がない場所でもダウンロードした動画をオフライン視聴することができます。Huluをはじめとしたダウンロード可能なVODサイトはアプリを起動する際に一度オンライン接続する必要があり、長時間ネット接続できない環境にいる場合は視聴が難しいです。

 

 

家族などの複数人で利用するなら同時視聴数をチェック

dTVでは1つのアカウントにつき5台まで、Amazonプライムビデオでは1つのアカウントにつき3台まで視聴に使用するための端末を登録できます。これを有効に使うことによって、スマホやパソコンなど利用シーンによって使い分けが可能となります。しかし、もし家族などの複数人で利用するなら機能面の同時視聴数をチェックしておきましょう。

dTVでの同時視聴は「基本的に不可」となっており、複数の端末を登録できても同時にストリーミング再生することができません。ですので、dTVでは他の家族が同じ時間に動画再生していると、視聴を止めるまで待たなくてはなりません

対してAmazonプライムビデオでの同時視聴数は「3台までOK」となっており、それぞれの端末から自由に動画を楽しむことができます。ただ、Amazonプライムビデオではプロフィールを1つしか設定できません。本来ならAmazonでは「家族アカウント」という、プライム会員に登録すると本人以外で2人まで特典が利用できるサービスがありますが、プライムビデオではサービス対象外になります。もし家族で利用するならアカウントを共有することになり、視聴履歴やお気に入りリストなどを個別設定できません

 

dTVとAmazonプライムビデオの比較まとめ

今回、dTVとAmazonプライムビデオをこれまで比較してきましたが、どちらが良さそうかだいたい決めることはできたでしょうか。最後に改めて重要な比較ポイントを抜粋してみます。

dTVの特徴まとめ

・月額料金500円(税抜)
・無料体験期間31日間
・dTVだけのオリジナル作品やライブ映像が見れる
・有料レンタル作品をdポイントで支払える
・クレジットカードとドコモ払いしか支払い方法がない
・同時視聴ができない

Amazonプライムビデオの特徴まとめ

・月額料金500円(税込)、年会費4,900円(税込)
・学生ならさらに半額
・無料体験期間30日間
・プライムオリジナル作品が充実
・プライム会員になると便利な18個の特典が付属
・海外や地下鉄でも動画の再生が可能
・プロフィールは1つしかないが3台から同時視聴が可能

このように2社を比較してきましたが、それぞれが求めているサービス内容や視聴できる作品のラインナップにも好みがありますし、動画配信サービスを体験しないと感じることのできない魅力もたくさんあります。自分の直感を信じて1社を決めみても良いですし、2社同時に登録して無料体験期間中にどちらが自分に合うか決めても良いと思います。

 

dTVのおすすめポイントやお得な使い方を感想付きで徹底解説!

⇒dTVに決めた方はコチラから登録

 

Amazonプライムビデオのおすすめポイントやお得な使い方を感想付きで徹底解説!

⇒Amazonプライムビデオに可能性を感じた方はコチラから登録

 

 

VOD各社比較カテゴリの最新記事