ドラマ【監察医 朝顔】第6話(2019年8月19日)あらすじ・感想や評判、見逃し配信動画情報も

ドラマ【監察医 朝顔】第6話(2019年8月19日)あらすじ・感想や評判、見逃し配信動画情報も

2019年7月8日にフジテレビ系列で上野樹里さん主演のドラマ『監察医 朝顔』がスタートします。

リアルタイムで視聴できれば良いのですが、再放送さえ見忘れたり録画予約できない方も多いと思います。そのような方々のために、見逃し配信動画を視聴する方法を紹介したいと思います。あわせて第6話のあらすじや視聴者の評判や感想(ちょっとネタバレ要素含みます・・)も載せていきますので、作品をたくさん盛り上げていきましょう。

⇒『監察医 朝顔』の見どころ・キャストなど番組情報の詳細はこちら

 

放送局・放送時間

フジテレビ系 7月8日スタート 月曜日・21時00分~

再放送情報

現在、再放送の放送予定はありません。

見逃したりもう一度見たい方のための動画配信情報はページの下部に記載しています。

第6話あらすじ/ストーリー

朝顔(上野樹里)は、夫の真也(風間俊介)、4歳になる娘のつぐみ(加藤柚凪)とともに、朝顔の実家・万木家で幸せな日々を送っている。朝顔の父・平(時任三郎)も、目に入れても痛くないほど孫娘のつぐみを可愛がっていた。

この5年の間に、茶子(山口智子)が主任教授を務める興雲大学法医学教室にもいくつかの変化があった。ベテラン法医学者の藤堂(板尾創路)は、著書がベストセラーになったことで世界中を飛び回るようになった法歯学者の妻・絵美(平岩紙)との夫婦格差を嘆いている。医学部生だった光子(志田未来)は医師になり、朝顔たちの影響で法医学の道へと進んでいた。立場が逆転してしまった検査技師の高橋(中尾明慶)は、そんな光子を「光子先生」と呼ぶように。また、アルバイトとして歯科医院の跡取りでもある医学部生の熊田翔太(田川隼嗣)も加わっていた。

第6回放送後の視聴者の感想/レビュー/口コミ/評価

朝顔先生がママになって、より一層輝きを増したように感じられました。つぐみちゃんの存在が一家を明るく照らしていますね。 被災地に足を踏み入れることが出来なかった朝顔でしたが、母となり監察医としてもキャリアを積んだ今、これからお母さんとどのように対峙するのか、楽しみです。

 

Advertisement

最新公式ツイッター情報

第6話ご覧頂きありがとうござました🙇‍♀️✨ 5年後のみんなの姿はいかがでしたでしょうか? 第7話では、朝顔先生と10億の美魔女が法廷バトル⚡️⚡️いつもとは違う #監察医朝顔 をお楽しみに👋 #月9 #上野樹里 #時任三郎 #風間俊介 #山口智子

 

『監察医 朝顔』の見逃し配信・無料動画視聴可のサイト情報

フジテレビ系ドラマをはじめ、一週間以内の無料視聴可能な見逃し配信情報は下記のページからご確認ください。

【見逃し配信動画サイトまとめ】ドラマ・バラエティーを無料視聴!録画し忘れても安心

 

フジテレビ系列のドラマやバラエティーの動画配信はフジテレビオンデマンド(FOD)が最も充実しています。フジテレビ直系のサービスなので見逃し配信もありますし、過去の作品も視聴することができます。公開された動画は1週間限定などの制限もないので、いつでも何回でも視聴することができてオススメです。

FODプレミアムのおすすめポイントやお得な使い方を感想付きで徹底解説!

 

2019年夏(7月期)開始のドラマ一覧

 

⇒『監察医 朝顔』のあらすじ・感想各話まとめ

 

ドラマあらすじ・感想まとめカテゴリの最新記事